高齢者の介護を在宅でされている方、
トイレに紙パットやおむつを流されちゃって、
大変な経験をされたこと
ありませんか?

最近のトイレは 節水型なので、
少ないお水で勢いをつけて流そうとする構造なぶん、

詰まりやすいんですよね。
ただでさえ。

ましてや パットを流したとなると、
本当に目も当てれない・・・

トイレにパットを流すと、
あっという間に 水を含んだパットは膨張し・・
見事に 詰まるんです。

で、とれないの。
これはもう、本当に悲劇です。

トイレの詰まりに業者を呼ぶと、
普通3万円位とられますから、
お財布にも痛いですよねーーー。

この悩み、結構深刻なんです。

ちえひめ、以前別ブログで、
トイレの詰まりに関する記事を書いたんですけど、

未だに グーグル検索で調べてたどりつく読者さん多くて、
秘かな人気記事?となっております・・・(笑)。


でね、今回、たまたまなんですけど、
我が家のトイレやお風呂場の水回りをリフォームする事になって、

色々業者さんと打ち合わせを重ねる中で、
すごいもの、見つけちゃいました(笑)。

トイレにものを詰まらせた時に、詰まったものを取り除く穴が、
最初からついているトイレ。

TOTOさんの商品ですけどね、
これはもう画期的。


もちろん、リフォームするとき、とか
そういうタイミングで設置しないと、
簡単に取り付けられないですけどねーー

でも、つまらす度に3万円払うんだったら、
便器交換の価値はあるかも。


うちは今回、お母さんの使う1階のトイレを、
このTOTOさんの便器に交換することにしました。

デイサービスなどでは、
利用者さんによる便器詰まらせ事件が
良くおこります。


だから、福祉関係の施設では需要が高いようです。

一般家庭ではあまり購入される方いないようですけど、
単に知らないだけだと思う。

認知症のご家族がいらっしゃるご家庭は、
必見の情報ですよ!!






ちなみに、ちえひめがメインブログで書いた、トイレ詰まらせ事件についての超人気記事はこちらをクリック。  


それでもやっぱり
トイレを詰まらせちゃったら、

プロにたんで早く利用できるようにしちゃいましょう。
トイレの詰まりは待ったなしですもんねーー。

↓  ↓




このエントリーをはてなブックマークに追加