高齢になると、ちょっとしたことでバランスを崩したり、
段差を踏み外したり・・・

自分が思っている以上に、
足が上がらなくなっていることが多いので、
わずかな段差につまずきます。

これって本当に危ないんですよね。

高齢者の転倒による骨折は、
そのまま寝たきり生活になってしまうことも多く、
非常に危険です。


で、その時に意外に見落としがちなのですが、
高齢者の靴の選び方一つで、
不本意な事故を減らすことが出来ます。

おしゃれな靴、を履きたがるおしゃれな高齢者もまだまだ多いですが、
同時に、安全なくつ、転びにくい靴、を選ぶことも、
その後の人生にとってものすごーーく大事なことです。

介護用品の靴は、
昔はあまりおしゃれなものがなかったので、
嫌がる高齢者も多かったですが、

少しずつ見た目に配慮された 
履きやすい靴も出始めています。

まずは、何よりけがをしないことが大事ですので、
転倒予防に、転びにくい靴、履きやすい靴、を
選ぶよう、心がけたいものですね。

高齢者にとって、
靴選びって本当に大事なんですよーー

うちの義母の場合、
若いころから 割とかかとの高い靴を好んで履いていたこともあって、
いわゆる介護シューズは嫌がるんですよね。

本人にしたら、
いくつになってもやっぱりおしゃれな靴が履きたいですよいね。

気持ちは分かるんですけどねーー。

靴を履くとき、脱ぐとき、
転倒しやすくて危ないです。

座って履けばいいんですけどね、
玄関にいすも用意してあるんだし。

でも、ついつい横着なことをして、たったまま靴を脱いだり履いたりしようとします。
そうするとね、頭をぐーーっと前かがみになって下げたりするもんだから、
バランス崩してよろめくんです。

だからそばで支えてあげないと、
いつ転んでもおかしくないし。

くつを履くことや脱ぐことだけに意識が集中しちゃうから、
バランス崩して転んじゃうんですよね。

何年か前に、スーパーのエスカレーターを
上から下まで転がり落ちたことのある義母。

右手首骨折で済んだのが奇跡的ですけど、
目の前で、母が大きく回転しながら
エスカレーターの二階から一階まで転がり落ちたところを
目の前で見ていた娘たちは、2年たった今でも、エスカレーターにはのれません。

私でさえ、エスカレーターをみると、
未だに当時の事を思い出して気分が悪くなります・・

(高齢者の方、そのご家族の方、
エスカレーターの上り下りは、本当に気をつけてくださいね)

話がそれてしまいましたが、
高齢者の靴選びのポイント、
いくつかあります。

とっても分かりやすい動画を見つけましたので
共有させていただきますね。

こちらです。
 ↓  ↓  ↓









いかがですか?
これらのポイントを押さえた靴選び、心がけてみましょう。

介護シューズ、様々なものが出ています。
病院や施設の売店などでも最近はおいていますよね。

是非、靴選びの参考にしてみてください。

↓ ↓ ↓



このエントリーをはてなブックマークに追加