子育てや介護に日々奮闘する
世の中のママたち、

女性って本当に凄いなあ、と
ちえひめは時々思います。


炊事、洗濯、掃除に子育て、
そして介護…


家庭における、
主婦が無償で提供している労働力、って
あげたらきりがないですよね。


お金をもらって働いているわけではないので、
家庭内における家事労働って、
とかく軽く見られがちなんですけど、


実はものすごい、
価値のあるお仕事なんですよーーー。


そんな いわゆる
「主婦の家庭労働」の評価方法があるって、
ご存知でしたか?



アメリカなどの欧米を中心に
無償労働の評価額を推計しています


日本でも、実は 平成9年から5年おきに
評価額を出しています。


では実際、
専業主婦の「労働価値」ってどのくらいなんでしょう??

「家事活動」の「貨幣評価」は主に2つあると言われています。

一つは、「機会費用法(OC法)」
これは、市場で働いたと仮定して、
その分のお給料を見合わせることで発生する賃金を換算したもの、


もうひとつは、「代替費用法(RC-S/RC-G法)」。
これは、家事の内容を市場の類似サービスに
当てはめて計算する方法です。

つまり、この場合、主婦の労働力は、
家政婦さんのお給料と置き換えて計算されます。



内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部が
2011年に出した家事活動などの
貨幣評価の推進方法を見てみると、


OC法で一人当たりの年間無償労働評価額は、

専業主婦が年齢平均で304.1万円、
兼業主婦が223.4万円となっています


一方、類似サービスに当てはめて計算する
RC-S法を用いた場合、

主婦の労働を家政婦さんに置き換えたとすると、

一日の労働時間を8時間とします。
炊事3時間、掃除2時間、家計管理1時間、
子育ては休むことがないので8時間家事をしながら、ということで見てみると、

家事=給食おばさんの時給 1,100円×3時間=3,300円
掃除=清掃業の時給 1,100×2時間=2,200円
買い物=ピザ、お弁当宅配 1,000円×1時間=1,000円
家計管理=一般経理事務 1,100×1時間=1,100円
子育て=ベビーシッター 日給1万円

といったように、
すべて相場や平均値に合わせて算出された時給額で計算していきます。

すると、
総合計が17,700円となります。
これが主婦の1日当たりの賃金となります。


週末はご主人に手伝ってもらうとして、
かりに半額と考えると、

その他の業務を平日のみとすると、17,700円×20日=354,000円、
土日5,000円×8日=40,000円で、

合計 394,000円 となります。


残業代や雑務を含めると、
きっともっと数字が大きくなるかもしれませんが、

大企業の中堅サラリーマンの月給並ということが出来ますね。


もちろん、子供がいない夫婦の場合、
兼業夫婦の場合は、また金額が変わってきますね。


あくまで、これは一つの例ですが、

それでも、低く見積もっても、
それぐらいの価値のある労働を、
主婦の方は日々おこなっている、ということになります。



アメリカの調査会社salary.comが
毎年、家事労働の価値を給与に換算して発表しています。


それによると
主婦の家事労働価値はなんと1,200万円!



すごいですよねーーー。


これは、それだけ、
主婦の存在が大きいってことですよね。


家庭において、稼ぎがしらである男性陣が倒れても、
もちろんものすごーーく大変なんだけど、


専業主婦のママが倒れても、
それはそれは大パニックですね。


それだけ、
家庭における主婦の力は大きいということ。
家族への貢献度も大きいということ。


そう、ママたちはとっても頑張っているんです(笑)。

だからこそ、

今自分が倒れたら?
自分が寝込んで 主婦業が出来なくなったら? と考えると、
ものすごーーーく 不安になっちゃうと言うか、


ママが倒れちゃうと、
家の中、回らなくなっちゃうんですよね。


だからこそ、

ママはいつまでも健康でいなくてはいけない。
いつだって、元気でいなくてはいけない。

ちょっととやそっとのことでは
寝込んでなんか入られない、


そういうプレッシャーって半端ないと思いませんか?

自分が倒れたら、
その瞬間から、子どもたちの面倒はだれがみるの?
お義母さんの介護はだれがするの?

洗濯物はだれが洗ってほしてたたむの?
買い物はだれが行くの?
食事はだれが作るの?

誰が掃除するの?
誰が振り込みに行くの?
誰が病院で家族の薬をもらいに行くの?


そんな風に思ったら、
倒れてなんかいられないな、って思いませんか?


勿論人間だから、体調を崩すこともあるし、寝込むこともあるけど、
いつまでも寝たきりではいけないな、って思うし、

生活は毎日毎日続いていくものだから、
早く元気にならないと。


もっと言ってしまえば、
早期発見早期治療で、
病気は少しでも早く見つけて
少しでも早く直しちゃいたいですよね。


でも、主婦って忙しいから、
なかなか病院にはいけません。

がん検診とかもついついおろそかになりがちですね。


そんなあなたに朗報です。

こんなものが登場しました!!

  ↓  ↓  ↓






あなたのため、でもあるけど、
家族のため、でもあります。

あなたの健康は、家族の健康を支えているから、
決しておろそかにしてはいけませんよーーー。

このエントリーをはてなブックマークに追加