お年寄りと生活されている方には
身近な悩みですが、

トイレのつまり について、
今日は考えてみたいと思います。


おトイレが詰まったら、
正直とっても焦りますよね。


水回りの中でも、トイレは日常生活において
最も頻繁に使用される場所です。

だからこそ、
トイレ詰まりや水漏れなどのトラブルが、
一番起こりやすい場なんですけどね。


トイレが詰まってしまって
トイレが正常に使用できない状態は
水回りのトラブルのなかでももっとも切実なトラブルです。


こればかりは放置しておけないので、
何よりも優先して解決する必要があります。



多くの場合はラバーカップ(スッポン)を使って、
つまりをとることが出来ますが、

ラバーカップで解決しなかったときは、
本当に途方に暮れてしまいます。

ちなみに、
スッポンとも言われるラバーカップですが、
たとえばこういうやつです。

↓  ↓

WS000099










*************************************
1、トイレのつまりの 原因

トイレに流してはいけないものの代表格は
ティッシュペーパーです。


ティッシュペーパーはトイレットペーパーとは異なり、
水に溶けにくい素材でできているため
うかつに流すと詰まりの原因になります。

絶対に流してはいけません

また、


生理用品や紙おむつなども
詰まりの原因となりますね。


これらは水分を含むとみるみる膨張する、という性質があるため、
見事に排水溝に詰まります。


詰まる、というより はまります。

こうなると、素人の手には負えません。


トイレには、トイレットペーパー以外のものは、
絶対に流さないようにしましょうね



ちなみに、
トイレ掃除用の「トイレ○イックル」なども、
何枚も流すと便器つまりの原因となるため、

出来ることならば、トイレには流さずに
ゴミ箱に捨てた方がいいみたいです。


その他、携帯電話などの異物も、もちろん
便器詰まりの原因になります。



2、トイレつまり 解消策

トイレつまりを解消するには、
大きく四つの対処法があります。

ご存知ですか?

1.スッポン(ラバーカップ)で詰まりを解消

2.ワイヤーブラシでつまりを解消

3.高圧洗浄機でつまりを解消

4.便器を散り外してつまりを解消


これら4つの方法が有名ですね。

ただし、2~3の対処法は、
ある程度の知識と技術が必要なので、
素人が行うと、かえって状況が悪化しかねません。


ちなみに ワイヤーブラシというのは、
こういうやつです。
↓  ↓
WS000100







スッポン(ラバーカップ)で、
つまりが解消しなかったときは、
プロの方のお願いしたほうが無難です。


3、トイレつまり 予防策

便器のつまりを予防するには、
「トイレに流してはいけないものを流さない」のが一番です。

それに尽きると言っても過言ではありません。


逆にトイレに流してもよいものは
排泄物とトイレットペーパー、
トイレ用ペーパークリーナーのみです。

それ以外の製品は
「水溶性ではない(水にとけない)」可能性が高く、
詰まりの原因となるため、

どんなに少量であっても
トイレには流さないようにしましょう。


とはいっても、

認知症のお年寄りなど、
どんなに注意を促しても、必ず、尿漏れパットをトイレに落としたり、
流したりしてしまいます。

これは本人にいくら言い聞かせても、無理なので、
周りで対策を考えるしかないですね。

夜だけ 尿漏れパットではなく 紙おむつを履いてもらう、とか、
トイレそのものを、TOTOさんの特別仕様のものに変えてしまう、とか。
水洗トイレではなく、夜だけポータブルトイレに用を足してもらう、とか。

うーーん、でも嫌がるケースが多いですけどね。
難しい問題です。

トイレの問題は、いつだって悩みの種ですね。

自宅でラバーカップなどを使って
つまりを取ろうと思ってもうまくいかないときは、
業者さんを呼ぶのが一番です。

日頃から、ここだと思う業者さんを見つけておきましょうね。









こちらの記事も読んでね。

このエントリーをはてなブックマークに追加